経理の方との信頼関係

Pocket

勤務時代の先生の教えです。

「みんないい?お客さんとこの経理のおばちゃんとは仲良くするんだよ(原文ママ)」

悪気はないけど失言の多い先生で、おばちゃんって何よ!と、まずそこでスタッフ(とくに私)はカチンときてましたが。

それにおっちゃんだっているかもしれませんし。でも大事なのはそこじゃありません。

社長以上に、経理の方と意思疎通を図ることが大切だと、ことあるごとに何度も言ってみえました。

勤務時代のお客様は家族経営の会社が多く、そうすると経理は社長の身内の方がされることが多いです。

もちろん社長ご自身でされている方もみえましたが、圧倒的に多かったのは、社長の奥様、お母様、お嬢様、息子さんのお嫁さんなどが経理を担当されるパターンでした。

また身内以外でも経理担当者は女性の方が多かったです。

打ち合わせの際、社長では経理の細かい内容はわからないことも多々あります。そういうときに、お金をしっかり握ってらっしゃる女性の方と信頼関係を築いておくのがとっても大事です。

先生は男性で60代。経理担当者と年も離れていることも多く、気を遣われて心を開き合うことは難しい立場かもしれません。

なのでいっそう心がけてみえたのだと思います。

とても税理士に見えない、人懐っこい感じの方なので(失礼)、おかげでどのお客様ともがっちりと信頼関係を築きあげておられました。

ついでに言うとお孫さんやお子さん、ペットのワンコなどとも仲良くしようと(ほんとは苦手だったようですが)努力されていました。

今日はやっとあの子が挨拶してくれた!など喜んで帰ってみえました(笑)

おかげで資料のやりとりもスムーズでしたし、また私たちスタッフからのお願いなどもとても快く対応してくださったりと、協力的な関係が築けてほんとにありがたかったです。

そして独立などとても無理だとずっと思っていた私が独立できたのも、そんなお客様のおかげです。ほんとに助けてもらっています。

いろんな状況があると思いますが、この信頼関係に感謝するとともに、これからもこのような感じで仕事をしていきたいなと思っています。

独立前は、先生は何も教えてくれんかったわ!なんて思ってましたが、ほんとお恥ずかしい…。ありがとうございました。

※税理士ブログ仲間の植村さんが、11/30に名古屋でセミナーを開催されます。

相続をやらない税理士のための同族会社株式セミナー

とっても興味深いテーマです!私も申し込みました。

また、その前後の日程で井ノ上さんが名古屋でセミナーまたはコンサルティングを募ってみえます(サービスメニューのところ)。

今日のブログを熟読した上で、なにか依頼してみたいです(^o^)

【昨日の一日一新】

リトルワールドで買った台湾のパイナップルケーキ

【おまけ】

Wi-FiのWPA2という方式に脆弱性があるというニュースを見て、いま使っているモバイルWi-Fiの会社に問い合わせました。そこのはWPA2以外の他の方式でも何重か暗号をかけており、もし何かあっても自動アップデートで対応できる(設定もしてあった)ので今のところ問題ないとのこと。

脆弱性はあるものの、実際に攻撃をしかけるには数十メートルぐらいまで近づかないと無理なので、(楽観はできないですが)いきなり被害を受ける可能性は低いかもとのことです。

用心しつつ、対応策を待っています。

【おまけその2】

アイキャッチ画像は、先日津市にオープンしたサオリーナです。

地元出身の吉田沙保里さんにちなんで名前が付けられています。

今日はここで大相撲の秋巡業があるそうで、観に行っている両親から写真が送られてきました。いいなあ!

千代の国の写真を撮ってきて、と頼みました。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする