おいしい話にはすぐ飛びつかないようにする ポポーの苗木を買わなくてよかった

Pocket

7月頃に道の駅で、とても心惹かれる苗木を見つけました。

幻のフルーツ ポポー(別名ポーポー)とあります。初めて聞く名前で、また幻のフルーツとあるので、何だかおとぎ話の導入部分を読んでるようなわくわくした気分になりました。

手前にちらっと見えているポポーについての紹介&育て方の説明書きにも、とても育てやすくておいしい実がなると書かれています。

マリモでさえ育てられなかったズボラな私でも、もしかしてポポーなら大丈夫かも。この苗木のサイズなら持って帰れそうだし、もしかして部屋の中でもいいのかな?などと半分買う気になりつつも、もうちょっと知りたかったので、念のためその場でスマホでいろいろ検索しました。

Wikipedia ポーポー

ポポーとは-育て方図鑑|みんなの趣味の園芸 NHK出版

ポポーの育て方-トロピカルフルーツネット

北アメリカ原産で、明治に日本に入ってきたとのことです。確かに育てやすくておいしい実はなるのですが、なんと背丈は5m~10mぐらいに高く伸びるとのこと。また実がなるにはできれば2本以上必要で、Wikipediaにも明治期に日本に入ってきたとき富豪が屋敷で育て始め、と書かれていました。

一思いに買わなくてよかったです。やはりおいしい話はしっかり調べないといけません。育てやすいのになぜ幻のフルーツになってしまったかというと、他の果物より熟成するスピードが早くて、かつ日持ちしないので流通させるのが難しかったからだそうです。1945年頃は一般的だったのに、次第に作る農家が減っていったとのことです。

育てるのは潔く諦めつつもポポーのことはいつか機会があったら食べてみたいと思っていたら先日、全然違う地域のJAのお店に入ったら、なんと売っておりました!

5,6個入りで880円して一瞬迷いましたが、次どこで買えるかわかりません。梨をやめてポポーを買いました。

アボカドぐらいの大きさで、

実のやわらかさもアボカドにちかかったです。少し傷んでたので厚剥きしました。

ポポーは栄養豊富で濃厚な味で森のカスタードクリームとも言われてるようで、森のバターのアボカドとタイプが似てそうです。

食べてみたら、確かに濃厚で甘くておいしかったです。久々に作ったフルーチェにトッピングしたら、もともと入ってたマンゴーにも似た色と風味でマンゴーが倍増してとてもよかったです。今後もし身近なところで手に入ったら、値段次第ですがまた買ってみたいです。

ただし、もし大きな庭か畑のある家に住んでたら話は別です。もしそういう家に引っ越すことがあればぜひ苗木を買ってきて育ててみたいです。

【昨日の一日一新】

・ポポーの実

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする