独立後は場所と時間の拘束から放たれました

Pocket

日によって多少違いますが、勤務時代と同じような時間帯で仕事をしています。
メインは9時~5時で、5時をすぎるとちょっとホッとするのはフリーになっても同じです。
ただ、勤務時代と大きく違うのは、
この時間に同じ場所でスタンバイしていなくてもよくなったことです。
そんな重労働でもなかったのに大げさですが、
“そこにいなければならない”というプレッシャーを必要以上に生真面目に長年しょっておりました。
勤務していたのは先生の自宅兼事務所なのですが、先生は私が着く前にお客様訪問のため出発されることが多く(朝9時台の打ち合わせも多く3件くらいかけもち)日中ほぼ事務所にはみえませんでした。
まあお気楽ではありますが、フルタイムで働いていたのが私だけ、という時期がけっこう長期間ありました。
電話は朝イチからかかってきますし、資料を朝早くや夕方に届けに来てくださるお客様もいらっしゃいます。絶対休めない、というプレッシャーをずっと抱えておったように思います。
そんなに思い詰めなくてもよかったのですが、そういう性分で…。
最後の方は一日置きで早番の方がみえるようになり、肩の荷がおりました。
今も自分の自宅兼事務所にて同じような時間で働いていますが、来客なしスタイルなので
その時間にその場所でスタンバイしていなくてもいいのです。
(実際はほとんどおりますが)
メールとスマホとノートパソコンにて他の場所でも対応できるため、所定の場所・時間に拘束されるプレッシャーから解放されております。
まあ、勤務してたときも真夏でも涼しい室内で仕事をして、先生も留守がちでお給料も頂いてたのになんの不満があったんだとは思います。
さらにいま自分でお客様のところに訪問するようになって、1日中かけもちで訪問されていた先生の方がずっと大変だったな(お会いするのは好きだが移動は大変といつも言ってみえました)と改めて思いました。
私の場合は基本1日1件がちょうどいいペースです。訪問するスタイルはマネできてよかったです。
さらに、平日や遠方のセミナーなども自分さえ都合がつけば行けるようになりました
先日もずっと行きたかった方のセミナーを見つけ、すぐに申し込みました。すぐ満員になったので自分で即決できてよかったです。慌てすぎて名前と人数を間違えてしまいましたが(^^;)
こうやって書いてみて、
勤務していた時でももう少し工夫して自由にやってもよかったな
今ももっと工夫して自由にできるな
など感じました。今の環境を活かして、新たな行動を開拓したいです。

【昨日の一日一新】

生のプルーン

ドライプルーンよりだいぶさっぱりした味でした。

と思ったら、まだ食べごろじゃなかったみたいです…。

生プルーンの完熟した美味しい食べ頃とは

しわしわでねっとりしてから、皮ごと食べると美味しいそうです。残りは熟成させます。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする