名古屋能楽堂1階にあるレストラン蓬左に行きました

Pocket

名古屋能楽堂1階にあるレストラン蓬左<hōsa>に行きました。

加藤清正公の像 後ろに名古屋能楽堂と名古屋城が見えます。

5年ぶりぐらいに訪れました。知人の発表会があり、早めに着いたところ受付が少し並んでいたので

一度行ってみたかった併設のレストランに行きました。

今年の3月オープンの、八百彦本店花桔梗なか又がコラボしてオープンした蓬左<hōsa>というレストランです。

名古屋能楽堂に和のフードホール 江戸時代の名古屋にルーツ持つ3ブランドがタッグ|サカエ経済新聞

今の代の方々が中学高校の同級生で、そのつながりで実現されたとのことです。一度行ってみたいと思いつつ、なかなかそちら方面まで行く機会が無く先延ばしにしていました。別に能楽堂の利用とは関係なく自由に行けるのですが、今回誘ってくださったおかげで重い腰を上げることができました。

名古屋城正門側から入るとすぐです。

入ってすぐがフードホールで、セルフスタイルになっています。

奥に個室会席「蓬左亭」があります。

こちら営業時間とメニューです。

お食事の八百彦は11時からで、花桔梗となか又のメニューは10時台から頂けます。

この和フタヌーンティーが素敵です。時間あるときに行ってみたいです。予約必須です。

今日10/24月曜締め切りで、和フタヌーンティーがペアで当たるSNSキャンペーンもあります。

今回はそんなに時間がなかったのですぐ頂けるメニューにしました。

さきに好きな場所に席を取り、

(おひとり様用の電源付きの席もすてきです)

お抹茶と生菓子のセットを頂きました。

栗きんとん、とてもおいしかったです。

ごちそうさまでした。またゆっくり伺いたいです。名古屋城からも近く、金シャチ横丁の義直ゾーンも能楽堂を出てすぐのところにあります。名古屋観光のときにもおすすめです。

【昨日の一日一新】

・蓬左<hōsa>

・かめや

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする