紅白と税理士試験 私の思い出

Pocket

紅白歌合戦の出場者が発表されました。なんだかんだで、毎年きっちり勝敗まで見ています。

(日本野鳥の会が客席の票を数えていた期間は意外と短かったそうです。)

ちょうど出演者の発表と紅白歌合戦までの間に税理士試験の合格発表を挟みます。

受験時代の頃は、出演者の発表がされると、“いよいよか…”とドキドキしてきます。

そして、合格発表があり、来年は答練まで独学するか、上級者コースに通おうか、ああでも仕事が忙しくなるな…まあいいや(^^;)と、紅白歌合戦に没頭します。

今回はKinki Kidsが結成20年を前に初出場、PUFFYも結成20年目で初出場、と、20年選手の方がいらっしゃいました!

自分が税理士試験から解放されて純粋に紅白に没頭できたのが20年前で、20年たってやっと開業しました。

その間どれだけのアーティストの方が売れて紅白に出場されたかを想像すると、悲しくなってしまいますが、ネガティブワードはやめて楽しい思い出話に浸ろうと思います!

Kinki Kidsは私が簿記を始めた頃にジャニーズ事務所に入所されています。

デビュー前から人気で、“硝子の少年”でデビューされたのが1997年の7月でした。私が合格したのが1996年の12月、だいぶ近いです。

その頃ファンになり、アルバムはE album(Aから順番に、現在はNまで出ています)まで買いました。

コンサートも沢山行きました!同じ頃覚えた理論はすっかり忘れましたが、硝子の少年の歌詞はしっかり覚えています。

その間、お二人ともコンビではもちろん、ソロや舞台での活動の場を広げますます活躍されています(言わなくてもわかりますが(^^;))

一方私は、仕事はコツコツ20年分の申告書を影武者のように作り続け、趣味は多方面に広げてますますマイペースにやっておりました。

ずっと追っかけていたわけではないですが、20年頑張ってきた者同士(勝手にすみません)、嬉しかったです。

PUFFYも同じです。奥田民生さんのプロデュースでデビューされたため、民生さんファンのちょっと嫉妬していましたが、“これが私の生きる道”というビートルズのフレーズ満載の曲が発表されて好きになりました。

出場に至るまで色々事情があったと思いますが、ともかく20年越しでの出場おめでとうございます。

SMAPは残念です…。税理士受験時代、草彅剛さんそっくり(女性ですが)と言われていたので親しみがあります。

自分の20年(合格から開業まで)と別に比べる必要はないのですが、色んな振り返りができるので、“20年もの”に注目してみようと思います。

こちらは、栄のオアシス21です。

オアシス栄アップ

この奥にNHK名古屋放送局のビルがあります。

ちなみに、11/21に引っ越した中京テレビの新社屋はこちらです。車窓からでなかなかうまく撮れず。

中京テレビ

名古屋駅近くのささしまライブにあります。

名古屋駅付近に、どんどん新しいビルが建ってまいりました。

【昨日の一日一新】

ガス検診員の方に声をかけられる

→今月分がけっこう増えていたため、大丈夫ですかと声をかけられました。

水道やガスは漏れなどあるといけないので、異常がないか聞いてくださいます。

在宅率が増えたのと、寒がりで早くから使いすぎたのが原因と伝えました。

あらためて前期比較の大切さを実感しました。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする