確定申告小ネタ集 私の覚書2020

Pocket

先日の税理士会の支部会で、確定申告についての留意事項をいくつかお聞きしました。譲渡・山林・贈与などはこれからレジュメを見直すのですが(見直すだけです。ブログには書きません=書けません)、一度聞いただけで分かった、とても簡単な注意事項のみいくつか書きます。今は2020年なので2020とタイトルに書きましたが、どの年分にも共通するもの以外は2019年の申告についてです。

なお、税額計算にはなにも影響のない項目ばかりで、「あれどうだったっけ」といつも迷ってしまう私の単なる覚書で、目新しいものはありませんが、もしかしたら書き足すかもしれません。用語も言い回しも若干アヤシイですがご了承ください。

期限内に訂正申告すると税務署側でいつ着手されるのか

申告書提出後に間違いがあった場合、期限内であれば再度訂正後の申告書を提出すれば、最後に出した申告書が採用?されます。修正申告ではなく通常の期限内申告として扱われます。ただその場合税務署側で処理されるタイミングは後回しになるため遅れます。

申告後還付金が振り込まれるタイミングは、今だと電子申告で3週間、紙で1.5カ月ぐらいですが、訂正申告で2度目以降のものは電子で出しても紙で出してもどちらも一斉に後回しして先に初回の方から着手されるので、電子でも初回のように3週間ではなくだいぶかかるとのことです。経験済みですが、確かに2回目の時は処理状況の画面が確認中からなかなか変わらなか

予定納税額は未払いでも確定している税額を書く

たまに迷うのですが、予定納税が未払いであっても徴収は別途行うので、確定申告書には本来の予定納税額を記載します。また、書き忘れることもあるので要注意です。私の税務ソフトはエラーメッセージがでるので甘えてしまうのですが、そうでなくてもここは必ず確認すべき箇所です。

還付金受け取り場所が郵便局&ゆうちょ銀行の場合

ゆうちょ銀行の口座に還付してほしい場合は、記号(5ケタ)ー(ハイフンも書く)番号(2~8ケタ)ときちんと記入します。銀行振込用の店名と口座番号ではありません。

また郵便局名を書くと、そこの郵便局のみで換金可能な小為替が送られてきます。中途半端に書くと、

・地名でテキトーに書くと自分が指定したい郵便局名と違っていることが多々ある

・(税務署から連絡も行くと思いますが)不完全だと近そうな郵便局を指定して送られる

そうで、それが必ずしも自分が行きやすい郵便局とは限りません。家や職場からものすごく離れていたり、また窓口が早く閉まってしまうところだったりするので記載のときは郵便局名を確認してくださいとのことです。

口座振替の前に残高要確認 落ちないと3/15(今年は3/16)以降の延滞税がかかります

口座振替にしてあると、3/15(今年は3/16)が納期限ですが実際は1か月ほど期限が延びますが(今年は所得税4/21 消費税4/23)ですが、、残高不足で落ちない場合は延滞金が3/15(3/16)からかかります。4/21や4/23からではないです。

もし引落できない場合は、延滞税の利率は2.6%で、所得税の場合だと4/21で36日経っているので、39万以上の方は(1000.109円となり)延滞税がかかります。続いて消費税も引き落とされるので残高確認をしっかりお願いいたします。

別途郵送書類は早めに送る

住宅ローン控除などで別途郵送書類がある場合、早めに送ってくださいとのことです。勤務時代は、税務署ごとにある程度揃うまでためていましたが、今はその都度かPDFで送っています。PDF、最近はしてませんが前やったときは添付ファイルのサイズが小さすぎてとても面倒でした。直ってたらいいですが。

源泉徴収票添付省略 税務署にて作成するとき以外はOK

給与・年金・退職所得の源泉徴収票などが添付しなくてよくなりました。

これに関して質問があがってましたが、税務署にて作成するとき以外は出さなくていいとのことです。また、更正の請求時にこの源泉徴収票が原因となるときは従来通り添付します。

QRコードの納税はセブンイレブン以外のコンビニ

納税額が30万以下だとコンビニの端末を使ったりしてQRコードでの納付ができますが、セブンイレブンではできません。使えるキオスク端末はローソンやミニストップにあるLoppiとファミリーマートにあるFamiポートのみです。端末がない店舗ではできません。

納付せず端末から紙を印刷するだけならタダで試せるので、一度適当なデータでやってみようと思ってます。

取り急ぎスッと思い出せるもののみ書きました。(また追記するかも)

アイキャッチ画像は昨日のお茶のお稽古で頂いたお菓子です。

【昨日の一日一新】

・鈴木禎三さん また書きます

・千寿 イートイン

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする