気配りを学んだ食事会

Pocket

昨日はとてもありがたい時間を過ごせました。

お仕事でご一緒になった方数人と食事会で、しかもごちそうになるという。

前世も今生でも功徳は積んだ覚えはないのに(業ばかり犯しております)、いったい何のご褒美なんでしょう!

まあ今まで自分でいうのも何ですがほんとに不憫だったので、ありがたい機会に感謝しつつ楽しい時間を満喫しました。ごちそうになった上にためになることが多かったので、覚書します。

今度食事でも→その場で日時と場所決定

自分でもよく言ってしまう(メール末尾にも書いてしまう)のが、

「また食事でも行きましょう」

「また会おうね!」です。実際は中々実行に移せません…。

ところが先月お会いして数人でお酒の話で盛り上がったとき、その方は

「じゃ今度○○に行きましょう!」とその場で日時と場所が決まり、数日後その方が自ら予約してくださって確認メールを頂きました。

このスピード感!お忙しい方ゆえ、普段からこのようにテキパキと動いてらっしゃるお姿が垣間見えました。勉強になりましたその1です。

選ぶお店が素敵

天気が悪かったので、駅直結で雨に濡れずに行けるお店(ミッドランドの「ねのひ」でした)がありがたかったです。仕事終わりにも行きやすく助かります。お店の雰囲気もスタッフの方の気配りも素晴らしく、とても気持ちよく過ごせました。平日でも予約必須なのも納得です。めったに行けませんが、こういうお店を覚えておこうと思います。ただし割り勘ですが!

勉強になりましたその2です。

おまけ 有名な話ですが、ねのひも敷島製パンもソニーの盛田昭夫さんも同じ盛田一族です。

おもてなしの話がためになった 細やかな配慮は重要

お仕事柄おもてなしをされることが多い方で、細かいところによく気づかれるそうです。

気さくな方でユーモアを混じえて「あのときこんなことがあってね(笑)」といろんなエピソードを言ってくださいましたが…私にも心当たりがある失敗話も多く(^_^;)気をつけよう、とこっそり思いました。

手土産の話は参考になりました。

私は探すのは好きなので、割とこだわって選ぶのですが、どちらかというと独りよがりで自分好みのものをドヤ顔で持って行くことが多いです。(実家に持ってった日本酒とか。軽々しく飲んでほしくなくて新聞記事も見せました。ウザイ。でも実家だからいいか。)

私すごいでしょ!ではなく、当たり前ですがお相手の方に喜んでもらうのが一番大事なのです。(ほんと恥ずかしい。)

退職される方に入社年に造られたワインを贈られたお話など、感動して涙が出そうでした。お相手の方の事情や好み(おじさんにはスイーツより美味しいお酒!とか)を考慮し、また地元にしかない上等かつ期待されるものを常にピックアップされているそうです。

常日頃の感度が違います。男性の方ですが、有能な女性秘書なみの細やかな配慮でした。爪の垢下さい。

何となく選ぶのは絶対ダメで、選び方ひとつに、相手の敬意が出るので気持ちを込めて選ぼうと思いました。今後は選ぶのに困ったときにはおたずねしようと思います♪勉強になりましたその3です。

時間に余裕を持って到着し現地をリサーチ

だいぶ余裕を持ってこられたそうで、高島屋などリサーチしてこんなのやってたよ、という会話からスタートしました。催事場にお酒がいっぱいあったとか!今日行ってこようと思います。満腹かつ雨も降ってたのでその場でお開きでしたが、2次会にふさわしいお店もいくつかリサーチしてくださってました。ここはまた個人的に行ってみようと思います。

素晴らしい人は常日頃からこのように行動されてますますアップデートされていくことを目の当たりにしました。

かたや私と来たら、一旦家を出たところ寒くて服を着替えてギリギリになってしまうという、何ともお粗末な行動をとってしまいました。そりゃ差が出るわ、と納得。

いや納得するのではなく、せっかくよい見本を見せてもらったので変えなければ(^_^;)勉強になりましたその4です。

ごちそうになってお勉強になる、至福のひとときでした。今度お会いするときに持って行く手土産をいま考え中です。(というか、ほんとは相談したいです。)

【昨日の一日一新】&【昨日の日本酒】

ねのひ 特定名称酒飲み比べ

特定名称酒とは、(特別)本醸造酒・吟醸酒・大吟醸酒・(特別)純米酒・純米吟醸酒・純米大吟醸酒の8種類です。今回は6種類いただきました。美味しかったです(*^^*)

もう一つ書きたいことがあるのですが、ちょっと長くなったので、後程追記するか明日書きます!

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする