8年間続けている『冷えとり健康法』下半身を温めて万病を治す健康法です

Pocket

冷えとりという健康法を8年続けてます。習慣なのであまり意識していませんが、足元を温かくして万病を治す健康法です。進藤義晴さんという耳鼻科医の方が確立されました。

一番メジャーな取り組みとして、靴下の重ね履きがあります。↑こんな感じで靴下を重ね履きしています。これで多分5枚ぐらいです。

5本指ソックスもこの冷えとり健康法から発生したとのこと。絹→ウールか綿→絹→ウールか綿と、天然素材の靴下を素材を変えて重ね履きします。

私は綿ではなくウールを履きます。夏でも汗を逃がすのでぬれません。

仕事の時も、スカート=タイツ+黒の靴下+ショートブーツ、パンツスーツの時はダンスコの大きめローファーを買って重ね履きしてます。今年の夏は暑すぎたのでパンプスにしましたが、パンプスの中に履ける5本指のインナーソックスを愛用しました。

履いていくと天然繊維が汗を吸って毒を出してくれて、靴下も破けていきます。私もこんなになりました。

上の方は無傷なのに、かなりの破けよう。破けやすいところが毒がたまっているところですが、未病を防ぐためのものなので、気にしなくていいです。

ほかに、半身浴、食事など冷えを防ぐ取り組みがあります。私は主に靴下がメインで半身浴はせず、食事はちょっと意識してるぐらいで片手落ちですが(^^;)さきほどの進藤先生のリンク先に書いてあります。心のことも書かれているので、好き嫌いあると思いますが。

民間療法ではあるものの、温めて体の自己治癒力を上げ、毒を出してどんな病気も治すという発想が好きで、マイペースで続けています。

私がよく買うのは、841さん(めんげん辞典や勉強会情報など充実)、シルクふぁみりぃさん(質のいいオリジナル商品が安くてかわいい)マーマーなブックスアンドソックスさん(私が冷えとりを知ったきっかけ、服部みれいさんの美濃のお店)です。

HP等見ると独特なノリで抵抗あるかもしれませんが(笑)、意外とやってる方は多いです。街ではあまり見かけませんが、私の行ってる美容院は冷えとりやっている人がかなり多いそうで、出没場所もかたよってるかも。

重ね履き靴下はふわふわして気持ちいいです。もし機会があればおためしください。

私の着用画像より、こちらのすてきな画像の方が参考になるかと思います。

View this post on Instagram

湯たんぽは冷えとり生活にかかせないアイテム🌿 「fashyの湯たんぽ」は、エコロジー先進国でもあるドイツ製。 . ころんとしたかわいいフォルムで、柔らかい樹脂製のボトルにお湯を入れて温めます。 くり返し使えることもできるエコな湯たんぽは、火を使わず高温にならないので、お子さまやお年寄りにも安心してお使いいただけます😌 . 就寝時やリラックスタイムの相棒に、優しくじんわりと体を温めます。 . ▽fachyの湯たんぽはこちらから https://www.kurashikisilk.jp/products/detail.php?product_id=461

くらしきぬさん(@kurashikinu)がシェアした投稿 –

最後に破れた靴下のドアップ どうやって履いていたのか、謎です。

【昨日の一日一新】

・7DAYS HARB TEA 金曜日分

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする