自分の営業時間を大事にするためのささやかな工夫

Pocket

ひとりで仕事をしている場合のメリットは営業時間を自分の好きなように決められることですが、それを守るのも大事だなと最近よく思います。

自分に合った営業時間を見つけるのが大事です。土日や早朝、深夜などでも自分のリズムや生活スタイルに合ってれば営業時間にできる自由があります。こうして好きな時間でできる自由をもちながらも、私は今のところ平日の9時5時をメインにして動いております。

なので、営業時間外に頂いたメールや連絡などをいかに忘れず翌営業日に対応するかが大事になってきます。

緊急なのはその場ですぐ対応するときもありますがめったにないので、基本は翌営業日に忘れずに対応できるような設定にします。

仕事がおわると途端に集中力が落ちてポンコツが100倍増しになってしまい、そこで無理に対応すると余計に時間がかかっていいことが一つもないとわかったので、もうやらないことにしました。

メールの場合は、Gmailの機能を使って先送りしてます。まずサッと内容を確認して、すぐ返信できるものはサッと書いて翌営業日朝に予約送信を設定、じっくり見るものは翌営業日の朝にスヌーズして再度読みます。たいていメールごとスヌーズしてます。

このようにGmailだとわりとコントロールしやすいのですが、予約送信がなかったりデータ共有しているものは私の操作が反映されるのであまり触らないようにします。ただ、翌営業日に忘れることも多いので、簡単な返信だけは早朝・深夜をさけてするようにしました。(すっかり忘れて心配されたことがあったので)

Dropboxはデータ共有したり、このDropbox Paperという機能を伝言板代わりに使えて便利ですが

Dropbox Paperという機能を使いはじめました 共有相手とブラウザ上でドキュメントが編集できます

操作したのが先方に伝わります。あやのまきさんが編集しました(何時何分)とか、データをいれましたとか。そこまでリアルタイムに言ってもらわなくていいのですが。

幸い共有しているお客様は、だからと言って「お、この時間に送ってもまだ間に合うんだな」という期待は一切抱かれないのでほんとにありがたいのですが、もしそう誤解されるとご期待にそえなくて申し訳ないので、できればこっそり見たいです。(そんな誤解される方ほとんどいらっしゃらないと思いますけど)

今のところは閲覧のみ履歴が残っても仕方ないと思って、さっと見るときはあります。でも基本はメールで編集内容がざっと送られてくるので、そのメールを翌営業日にスヌーズして確認漏れの無いように再度見ます。

ITが進化して予約送信などできて便利な反面、こうしてリアルタイムな反応もわかるので、できる範囲で自分でルールを決めて、時間にゆとりを持って対応しようと思っています。

別に隠密に動いているわけではないしお客様もそこまで気にされてないでしょうし(きっと私のツメが甘くてバレバレだと思います)、ここまでしなくてもぜんぜん問題ないと思いますが、長く続けるにはズルズルやってしまうのをさけないといけません。よって、浅知恵ですが、こうして自分のために営業時間を維持するけなげな努力をできる範囲でしております。

アイキャッチ画像は、テレビ塔にあった三菱重工神戸造船所の看板です。思わず目に留まってすごくかっこよかったので撮りました。

【昨日の一日一新】

サキモト 食パン 一枚売りしてたので買ってみました。280円!超熟2斤分…。冷凍したので今週しっかり味わって頂きます。

The following two tabs change content below.

綾野 真紀

2016年9月に開業した女性税理士&唎酒師(名古屋在住)です。 自分の誕生日(2月16日=確定申告初日)から忙しくなる申告業務がそ毎年憂鬱でした。 それならば毎年2月16日に出せるよう、普段から誰でもできるちょっとしたコツを自分なりに整理しようと思い立ち、ブログをはじめました。 開業までに、仕事に関係のない寄り道も沢山しましたので、徐々に紹介したいと思います。(と書きましたが、いまや税金のことより旅・お酒・食べ物など趣味の記事が大半です。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする